gfdgfs
シリア査察特別調整官にカーグ氏
った兄は、駅前の百貨店に散歩がてら出かけようと提案した。いそいそと支度をする兄を横目に、うかつにもあんな台詞を口走った自分を呪う。
 いつものことだが、兄は断る口実に私を使った。
「ごめんね。妹がどうしても俺じゃなきゃ嫌だって言うもんだから。昔からわがままでね、困った妹なんだ」
 これでは執着しているのは完全に私ではないか。それが兄にとっては『理想の妹』だと分かっていても、いや、分かっているからこそ、忌々しいのだ。
 エントランスで同じ階に住む奥様がたとすれ違い、声をかけられた。
「お散歩ですか? 本当に仲の良いご兄妹ですね」
nixon 偽物
……パッと見はね。
 

 翌日の月曜朝、心の中でブツブツ言いながら出勤した。兄のお陰でせっかくの日曜日が台無しになったのだ。ひとりでリラックスしたかったのに!
 オフィスに到着してもブツブツ言っていたら、ふと空気がいつもと違うことに気づいた。同僚たちが何だかそわそわしている。特に女性陣。やたら机まわりを片付けたりとか、何度も鏡をのぞいたりとか。
「何なんですか、みんな」
 壁に掛かったホワイトボードの汚れを拭き取りながら、一番近くにいた小林さんに訊いてみた。
「ほら、今日からでしょ、新係長。すごいよね、みんなの期待度」
 クスクス笑って続ける。
「役付き会議が終わって、もうそろそろ来る頃じゃない?」
 ああ、例のできる男でいい男とかっていう。
「おはようー」
 真後ろでいきなり声がしたのでびっくりして振り向くと、佐久間さんだった。
「あれ、佐久間さん、今日遅くないですか?」
 何だかニヤニヤしちゃって、気味わる。
「ポチ、俺のことは今日から佐久間主任と呼べ」
「……改名したんですか?」
「……天然か、それともわざとか、ああ? どの口が言ってんだあ?」
 両頬を摘まれて左右にびよーんと引っ張られる。
「す、すびばせえん」
「……お前さんたち、入口を塞ぐんじゃない」
 呆れ顔で入ってきたのは松永部長。
「ったく、しょうもないことやってんな」
 工藤課長は苦々しげに。
 そして、クスっと笑ってこちらを見た人物は、涼しげな表情で。
 
――これが瀬尾係長か。
ニクソン ゴールド 時計
 
 印象的な二重の目が興味深そうな色を浮かべている。すっきりと通った鼻梁の下には笑みを乗せた薄めの唇。自然な黒色の髪は、トップは長めだが耳周りと襟足が短く清潔感にあふれ、整った顔立ちに嫌味を与えない。 
 背筋がぴんと張った立ち姿は長身の身体を更に大きく見せていた。細身だが決して貧相ではなく、むしろ引き締まった体つきは野生の鹿を連想させる。
 まるで絵のモデルにでもなりそうな――というより、一枚の絵から抜けだしてきたかのような美しい人。 

 
 WEB事業部、本日王子様御降臨。 


ようやく相手役登場。これで次回から話が動き出します。

これまで分割していたものを一つにまとめました。
秋田弁については、誤りがありましたらご指摘いただけると助かります。
若者が話す言葉なので、コテコテの秋田弁よりは少し標準語に近い感じなのかな、というイメージで書いています。

*秋田の方からご指摘をいただいて、秋田弁の表記を多少改めました。第六話 係長の秘密

「王子様、もとい、瀬尾達也係長。二十七歳、東京生まれ。K大法学部出身、入社六年目。身長百八十二センチ体重六十九キロ。
 一年間の営業部勤務のあと、PR事業部に異動。化粧品、アパレル、家電等々の会社のPRを担当し、彼が指揮するチームは社長賞を二度獲得。入社四年目に主任に昇進。
 社内恋愛は一切しない主義。それでも『あわよくば』を狙う女性社員から果敢にアタックされるも全く相手にしない。『もったいない……』との声が男性陣から聞こえてきそうな、実際石津さんあたりから漏れ聞こえてきたような気がするが、本人は周囲のやっかみなどどこ吹く風である」
「お前、それは何なんだ」
「瀬尾係長のプロフィールですよ。石津さ
http://www.td9x.com

留言

发表留言














只对管理员显示


引用
引用 URL
→http://qwx433vb.blog.fc2blog.us/tb.php/7-3540472a
引用此文章(FC2博客用户)