gfdgfs
水卜麻美の勢力でお局派閥壊滅寸前
を次々とインソムニアに差し出した。だがある日執事は気が付いてしまう。インソムニアの欲求には際限がなく、そして自分に準備できる人間には限りがあることに。
 館に訪れる人間が少なくなってきた時、館の使用人が一人消えた。しばらくしてもう一人、また一人と。たまたま暇を申し出ていなくなった使用人に会いに行こうとしたが、彼は既に死んでいた。しかも、家族もろとも。全員が床の中で、まるでひどい夢でも見たような表情で硬直して死んでいたのだ。執事は気が付いた。インソムニアの行為は、まさに対象を選ばないのだと。coach 名古屋 こーち
 執事はインソムニアを殺してしまおうと考えた。そこで自分の知りうる限りの館の道を閉ざし、インソムニアを閉じ込めてしまおうと考えた。結局インソムニアは執事の知らない抜け道も用意していたのだが、結末はラファティ達が見たとおりである。
 そこまでブランディオは記憶を見て、一つの疑問を浮かべた。インソムニアの母親は、非常に真っ当な人間であった。その彼女がおかしくなったきっかけは、本当にインソムニアだけのせいなのか。愛情を注ごうとしていたランブレス夫妻があのように怯えた理由はなんだったのか。また。この執事がランブレスに仕えていたのは偶然か。
ブランディオには答えがわかっていた。

「仕掛けたのはお前やな、坊主?」
「ありゃ。気づかれてたか」

 おどけた調子で返事をしたのはドゥーム。彼は舌を悪戯っぽく出すと、マンイーターに命じてインソムニアを自分の方に引きずり寄せた。

「大したことはしてないよ。ちょーっと、母親の夢枕に立って色々吹き込んだり、変質者を見つけてランブレスの執事になるように仕向けたり、インソムニアの周りに悪霊を放って不気味な演出をしたり。その程度さ」
「十分すぎるわ。随分と悪趣味なやっちゃ」coach 新宿 ブランド 財布 人気
「でもこの子に資質があったのは本当なんだよ。だからボクはこの子を仲間に引き入れるためにあれこれやったのだし、眠らないってのはこの子の本質だよ。まあ虐待を愛情と勘違いさせたのは、ボクの功績だけどね。
 でも人間って面白いだろう? 幼いころからいたぶられていると、それを愛情と感じるんだって。柔軟というか、なんというか。愛って業が深いよね?」
「悪霊が愛を語るんやないぞ? ここで貴様みたいな小僧成敗してくれる!といいたいところやが、めんどいからここでお開きにしよか」
「あらら」

 ドゥームが少し身構えるところだったので、彼は間を外されてずっこけていた。ドゥームとしても多少からかって終わるつもりだったのだが、どうにもこのブランディオという男は傍から見ていてもやりにくい。
 ドゥームは少しこの男に興味を持った。


「どうやらただの巡礼の僧侶、ってわけじゃなさそうだね?」
「いや、ただの僧侶や。順番はそれなりやけどな。最高教主や、ミランダさんほど特別やあらへんよ」
「そうかい? ボクには君は非常に特殊に見えるけどね。その気になったら、今回の討伐くらい一人でなんとかなったんじゃないの?」
「アホいいな、無理に決まっとるやないか。それより聞きたいんやけどな、その悪霊どないするつもりや? こっちとしてはとどめを刺したいんやけど」
「と、言われてホイホイと渡すと思う?」
「思わへん。だから取引や」
「ふぅん。内容をいいなよ。それ次第で考えてもいい」

 ブランディオはおかしな気分になった。ブランディオの言葉は半ば冗談だったのである。どれほど
http://www.240bc.com

留言

发表留言














只对管理员显示


引用
引用 URL
→http://qwx433vb.blog.fc2blog.us/tb.php/6-77f4e62f
引用此文章(FC2博客用户)