gfdgfs
日本だけじゃない"パリマンガ"とは
 エクラがやや興奮気味にその依頼の事をアルフィリースに告げる。アルフィリース達はスラスムンドより帰還後、新しい依頼の報告をエクラから受けていた。どれもそこそこ程度の内容だったが、中には彼女達を娼婦扱いしかしていないような失礼千万な依頼もあり、それらはリサの『報復リスト』なる不吉な呼び名の頭脳の一画に分離整頓されるのだった。その引き出しが開けられる時、さぞかし多くの悲鳴が聞かれることだろう。ジャージ フレッドペリー
 だがスラスムンドより帰還して間もなく、アルフィリース達には大口の依頼が一件舞い込んできた。それは何を隠そう、エクラの父である宰相ハウゼンによるものである。エクラの手にはその書状があるのだ。エクラはやや興奮気味にその書状を読み始める。

「いいですか、読みますよ? 『親愛なる娘、エクラよ。達者でやっているだろうか。傭兵としての生活はまた貴族の時とは随分と違うものになるだろうが、お前ならやっていけていると思う。心配事は尽きぬ野だが、余計な心配は母親に任せておくとして私は一つ要件をお前に頼もうと思う。
 実はまだ国民には公いになっていないが、ここ一年近く国内では魔物魔獣による被害件数が三倍近い。原因追究には務めているが、それ以上に現場での対応が必要だ。ダレイドル侯爵は知っているな? 我らがミューゼ殿下のいとこに当たる方だが、どうにも放蕩でな。今までは平和であったから何事も起きなかったが、ここにおいて魔物討伐のために出陣されることになった。軍内でもそれなりに立場は上だし、あまりに人出が足らなさ過ぎてな。出陣願わないわけにはいかなかったのだ。
 だが案の定問題が起きた。かの侯爵は連戦連敗。死傷者は多数出ており、しかも成果はないに等しい。おまけに魔物を追うのに集中するあまり、国境侵犯してしまったのだ。そのせいでダレイドル侯爵は魔物のみならず、国家間の戦争の火種になるやもしれぬのだ。だがかの侯爵は誇り高く、周りの者の諫言を聞き入れぬ。唯一殿下だけの言葉は聞くのだが、それも今回は効き目が薄い。ようやく援軍を送ることだけを承知させたのだが、誰も嫌がる状況でな。それでついアルフィリース達の事を話したのだが、殿下が大層気に入られてな。ぜひとも援軍に同行させてほしいと申しこんできたのだ。
 ミューゼ殿下直接の依頼とも言えるが、お前達の返答を聞かせてほしい。一度べグラードまで足を運んではもらえないだろうか。依頼を受けるにせよ受けないにせよ、殿下はアルフィリース殿に会ってみたいそうだ。何一つ損はないのではないかと思われるが、検討してみてほしい。
では良い返事を期待している。

追伸 こちらに帰ってきたら母親の前に顔を出してほしい、随分と寂しがっている。愛しの娘に水の幸あれ  ハウゼン』」
フレッドペリー バッグ
 そこには簡潔ながら確かに愛する娘に向けた手紙があった。だがそれ以上に、今度はミューゼ殿下直接の依頼だという。一刻の主の依頼ともなると事実最上級の依頼だが、興奮するエクラとは対照的にアルフィリースは思いの他慎重だった。

「エクラ、興奮するのは早いわ。まずその依頼の下調べが重要になるわ」
「ええ? 何を言うのですか、アルフィリース。ミューゼ殿下ですよ? あの中原一高貴で、あの人がいらっしゃらないと現在の社交会ないとまで言われたお方ですよ? 一体何を調べると言うのです」
「エクラって普段冷静だけど、時に何も見えなくなるわねぇどこの誰が頼んでこようと同じよ。私は自分が納得するだけの下調べをしないと気が済まない。まして戦争の可能性があるようではね。
 これから下調べを開始するわ。現在魔獣討伐にそのダレイド


http://www.bcaazb.com

留言

发表留言














只对管理员显示


引用
引用 URL
→http://qwx433vb.blog.fc2blog.us/tb.php/5-3329e50c
引用此文章(FC2博客用户)