gfdgfs
日本人ボクサー、印象深いのは
状だった。もっとも、今の姿が擬態でいつ変貌するかと恐々とする生徒も多く、彼女たちの歩く廊下は広々としている事が多かった。

 そんな彼女たちだが、恩人にして先生でもあるライドウへの恩返しをしたいとは常々考えており、実は彼の知らない間に一つその恩返しを済ませている。

 数日前の事だ。かばん 人気

 ライドウに告白する有象無象の学生らの姿には二人も辟易していた。だが当のライドウがそれを嫌だと思っていないのなら年頃の娘に告白されるのも殿方には嬉しいものだろうと、間違った我慢をしていた。折々に彼と食事などを共にする機会を得てライドウの被っている迷惑、彼の心情を理解する内に、姉妹は二人頷き合って行動を決めた。
 
 告白して玉砕した数名の生徒にシフとユーノはこう囁いた。

「あの方との婚姻を考えているなら、私とも仲良くして頂かないと困るのですけど? その覚悟はおありなんですよね。 もちろん不貞の一切は許しませんよ?」

「ライドウ様と結婚したいなら、注意した方が良いよ? つまらない家ならパパが潰して使用人にしちゃうと思うから。せめてウチと釣り合わないと、ね?」

 効果は絶大だった。その言葉を言ったのが、淑やかなシフでも快活なユーノでも無い、前評判通りの気配を纏った二人だったからと言うのもあるだろう。

 その噂は表立っては広まらず、だがライドウへの告白を考える女生徒の間で急速に広まっていった。これまで告白にリスクが無かったライドウに、一気に危険なコブがついたのだと判断された。

 彼への告白は急速にその回数を減らしていった。ライドウのほっとしたような顔に、姉妹が無邪気に喜んだのは言うまでも無い。彼自身はこの事を人の噂も何とやらと考えていて、姉妹の仕業とは気付いていない。

 そして今、そのライドウに関する事でシフとユーノは図書館に来ている。

 約束していた場所へと迷う事無く広大な図書館を進み、一つの机に集まる集団を見つける。

「私達が最後でしたか。新参なのにごめんなさい」

「次はもっと早く来るね、先輩たち」鞄 ブランド

 二人は既に自分たち以外の面々が揃っている事を知って謝罪する。これも前評判からは考えられない事だったが、それでも講義で一緒になっているメンバーはある程度慣れているのか席を立って二人を迎える。

「いや、皆今来た所だよ。悪いな、呼び出しちゃって」

 一声を掛けたのはジンだった。この場に居るのは七人。ライドウの講義を受けている学生たちだった。シフとユーノの他は奨学生で、今年の帰省の予定は無い。

 今日こうして集まったのも七人が共通して受けているライドウの講義についてに他ならない。

「構いませんよ。次の講義についてと言われれば私たちも気になりますから」

 シフの言葉にユーノも頷く。思いの外、ライドウの講義は強烈で両名とも予習が出来るならそれに越した事は無いと思っている。

「多分、次は間違いなくシフとユーノもお楽しみ講義に組み込まれると思うんだ。二人とも、病み上がりだって言うのに強いから。ツィーゲで少し復調の為に特訓してたんだよね。流石だわ」

 アベリアが着席を促しながら用件を切り出す。彼女がライドウと識の気配から今回の集まりを提案し、全員がそれに賛同した。

『お楽しみ講義……』

 笑みをひくつかせたシフとユーノ。その表情には期待の中にも隠しきれない怯えが覗く。

「と言う名の拷問ね。はい、これ。私たちが先生に提出したリポートの返却。見事に半分も取れてないわね。だってあのアオトカゲ君とか言うリザードマン、全然本気じゃなかったもの。当然の結果と
http://www.l3l11.com

留言

发表留言














只对管理员显示


引用
引用 URL
→http://qwx433vb.blog.fc2blog.us/tb.php/4-c69be191
引用此文章(FC2博客用户)