gfdgfs
甥を装いメール、55歳女が金詐取
 ユーノは投擲した槍の場所まで辿りついて武器を回収する。
 ようやくダメージから立ち直りかけた男術師の手から杖を槍で打つ。
 早速振るわれた一撃で杖が乾いた音を立てて転がっていく。
 次いで、そのまま寝ていろとばかりに術師の頭を横殴り。
 再び沈んだ彼はピクリとも動かない。
 ドールも粉砕だ。

「おしまい! 私の勝ちだね、イズモ君」

「もう少しだったんだけどな、負けたよ」

 振り返ってイズモを見るユーノ。時計 ショッピング
 その動きは勝利宣言と一緒だった。
 彼女の視界には崩れ落ちそうな戦士の満身創痍な後ろ姿があった。
 
「風の刃、短詠唱からの連続発動にするとやっぱり威力がかなり落ちる。数で押し込む感じになっちゃったよ。はぁ……」

 イズモの残念そうな言葉が象徴するように、然程は深くない切り傷を無数に付けられて防具もズタズタにされた体格の良い戦士がよろめき、そして倒れる。
 もう一人の戦士はとうに倒れて意識を失っている。
 身動きを封じられて、そのまま見えない大量の刃で切り刻まれた哀れな戦士たちの末路だった。

「ふっふー、それじゃあ、残りは……っ! あああーー!?」

「え、ユーノどうした……の……? ジン、抜け駆けはしないって言ったじゃないか!!」

 決勝開始から初めてになる、慌てたようなユーノとイズモの声。
 視線の先には残る一人、イルムガンド=ホープレイズと彼らの仲間であるジンがいる。
 力任せに暴れるイルムガンドに対して、ジンは一切引くことなく、だがただの一撃も直撃を許さずに一方的に打ち続けていた。
 ジンと二人が打ち合わせをした時の約束されていた、加減した風は無い。
 その攻撃の嵐は、勝負を終わらせようとする激しさを伴っていた。
 イルムガンドは三人でやる。
 だからまずはユーノとイズモで他の選手を蹴散らす。
 ジンはイルムガンドを押さえておく。
 そういう作戦、いや約束だった。

「笑える位にタフになってるじゃねえか、イルムガンド先輩! 当たれば面白い筋力だ! もっと足掻いてみせろよ!!」

「ぐっ、ううぅ、潰す、つぶ、ぎいっ」

 イルムガンドの力も技も、例年の闘技大会なら間違いなく優勝しているだけの技量がある。
 だと言うのに、ジンは彼を圧倒する。
 力に傾倒した戦い方のイルムガンドの失策もあるにはあるが。
 来賓席から既に違った目線で見ている一部の人のみならず、観客の誰もがこの異常に気付きつつあった。
 彼らの間にあるのが、ただのレベル差では無い事に。
 そして中でも聡い者達は、この戦いぶりを見せたジンと他六名が他の生徒とは違うナニカを学んでいる事を察し始めていた。

「あーっ、早くやらないと私たちの分無くなっちゃうよお!!」

「……ちょっと待って、ユーノ」

「イズモ君?」
パネライ アンティーク
「変だ。あれだけやられているのに、ドールの損傷が殆ど無い。見た感じ防具で全部相殺できている様でも無いのに」

「……ホントだ」

「それにジン、何度か気絶を意図する攻撃も混ぜてるのに、全然効果が無い」

「あの人、口は悪いけどあれで意外と優しい所あるもん。これだけ好き勝手やってくれてるホープレイズなんて、私なら気絶どころか延々と恥かかせるのに。多分後遺症とか色々考えちゃってるんだね」

「……君は意外と黒い方だよね。ま、僕もイルムガンド先輩については君と同意だけど」

「とにかく行こうよ」

「僕はここで良い。詠唱始めておくよ。君ら二人が前衛やるなら、僕は安心して後ろにいられるから」

「そ、なら……っ!?」

 ユーノはイズモとのやり取りを終えて、ジンと
http://www.watchsrun.com

留言

发表留言














只对管理员显示


引用
引用 URL
→http://qwx433vb.blog.fc2blog.us/tb.php/1-10f094ab
引用此文章(FC2博客用户)