gfdgfs
JR北 旧国鉄の“亡霊”労組の影
をしませんか? 今度は頭脳戦です。ポーカーそれとも神経衰弱? 
 そんなふうに明るく言い出せる雰囲気ではなかった。どんなに否定しても彼は信じてくれない。こんな話をしたいんじゃないのに。
「……わかった。君がそんなに言うなら、警備室に行って防犯カメラの映像を見せてもらう」
 とんでもない発言にぎょっとして、頭の中を思考がぐるぐると駆け回った。
omega アンティーク
 確かに防犯カメラは非常階段にも幾つか設置されている。階段ダッシュがバレたのだってそれが理由だ。でもあの踊り場の辺りにはカメラはなかったはずだから映像も何も……ちょっと待って。十階非常口のカメラ! 主任はあそこを通ってる。まずいよそれは。
「顔色が変わったね」
 ハッとして視線を動かすと彼はかすかに口角を上げている。き……汚い。
「係長は私のこと信じてくれないんですか」 
「信じるさ。君の言うことはすべて信じる。でもそれと事実を調べることは別だ」
「そんなの屁理屈です」
 口を尖らして文句を言ったが彼は構わずにもう一度尋ねた。
「滝沢が原因なんだね?」
 もはや心理的に追い詰められているのと変わらなかった。これではもう勝負の話どころではない。 
 
 いくら待っても答えようとしない私に焦れたのか、係長が立ち上がった。
「どこに行くんですか」
「滝沢に直接訊く」
 ダメだ。おそらく主任は嘘をつき通せない。もしそうなったら、きっと係長は――
 そう思ったときにはもう、恐怖を感じて口走っていた。
「主任はもう何もしてきません。係長を挑発もしないし、私のことで当てこすりも言わない。今までと同じ、ただのライバルに戻るんですよ。それでもういいでしょう?」
「あいつと取引したのか」
「取引じゃありません、脅迫です。だから係長から動いておおごとになったら、今度は私が困るんです。私を失業させたいんですか?」
 ずるい言い方であることは百も承知だ。でも彼の足を止めるためにはこんな手段しか思い浮かばなかった。
 係長は激情を抑えるように唇を噛みしめて私を見下ろした。
「そんなことまで君にさせて……今僕がどんなに自分に腹を立てているかわかるか? 僕のせいでこんな怪我をさせた上に……」
「係長のせいじゃありません。誰か一人に責任があることじゃなくて、ただ運が悪かっただけなんです。それよりも」
 
omega アクアテラ
 これから先の話をしませんか。
 そう言おうとした。冬の話はもういい。春はそこまで来ているのだから、心が浮き立つような未来の話がしたい。
 ところが係長は私を遮って静かに口を動かした。
「僕が今からやろうとすることは君の怪我とは何の関係もない。ただ僕がムシャクシャして前から気に入らなかった滝沢を殴りつけるだけだ。それなら君は会社に残れるよな?」 
 決意を込めた表情を見て彼が本気であることを知った。もし再び暴力を振るったらそこで終わりだ。私は唇を震わせた。
「どうしてそこまで……」
 それを聞くと彼の瞳が大きく動き、抑えが利かなくなったように感情がほとばしった。
「君の足だぞ! 君の足に怪我をさせたんだ! 許せないんだよ、俺は絶対にっ……」


 私を真っ直ぐ見下ろす瞳の中に彼の想いを見たそのとき、すべてがつながったような気がした。
 スケート場で私を眺めていた目。水族館でイルカを追っていた視線。あの告白。
『君が滑ってるとこが見たい』
『君に似てる。自由自在なところ』
『風のように自由だった』
 きっと彼は私の走る姿を何よりも愛してくれている。走るとき、風になるときにはこの世のすべての事柄から自由でいられる私を。
「ちっとも可哀相なんかじゃない」と言ってくれたのも、そんな私の姿が彼にとっては何よりも意味のあるものだから。
 私の足が地面につくことすらできない状態は、彼にはきっと苦痛でしかなくて――

 合わせた瞳をふいと背けて、彼は踵を返し入口に向かって歩き出した。
 テーピングを巻いた右足に目をやって泣きそうになった。走れない。追いつけない。こ
http://www.hv82.com
シリア査察特別調整官にカーグ氏
った兄は、駅前の百貨店に散歩がてら出かけようと提案した。いそいそと支度をする兄を横目に、うかつにもあんな台詞を口走った自分を呪う。
 いつものことだが、兄は断る口実に私を使った。
「ごめんね。妹がどうしても俺じゃなきゃ嫌だって言うもんだから。昔からわがままでね、困った妹なんだ」
 これでは執着しているのは完全に私ではないか。それが兄にとっては『理想の妹』だと分かっていても、いや、分かっているからこそ、忌々しいのだ。
 エントランスで同じ階に住む奥様がたとすれ違い、声をかけられた。
「お散歩ですか? 本当に仲の良いご兄妹ですね」
nixon 偽物
……パッと見はね。
 

 翌日の月曜朝、心の中でブツブツ言いながら出勤した。兄のお陰でせっかくの日曜日が台無しになったのだ。ひとりでリラックスしたかったのに!
 オフィスに到着してもブツブツ言っていたら、ふと空気がいつもと違うことに気づいた。同僚たちが何だかそわそわしている。特に女性陣。やたら机まわりを片付けたりとか、何度も鏡をのぞいたりとか。
「何なんですか、みんな」
 壁に掛かったホワイトボードの汚れを拭き取りながら、一番近くにいた小林さんに訊いてみた。
「ほら、今日からでしょ、新係長。すごいよね、みんなの期待度」
 クスクス笑って続ける。
「役付き会議が終わって、もうそろそろ来る頃じゃない?」
 ああ、例のできる男でいい男とかっていう。
「おはようー」
 真後ろでいきなり声がしたのでびっくりして振り向くと、佐久間さんだった。
「あれ、佐久間さん、今日遅くないですか?」
 何だかニヤニヤしちゃって、気味わる。
「ポチ、俺のことは今日から佐久間主任と呼べ」
「……改名したんですか?」
「……天然か、それともわざとか、ああ? どの口が言ってんだあ?」
 両頬を摘まれて左右にびよーんと引っ張られる。
「す、すびばせえん」
「……お前さんたち、入口を塞ぐんじゃない」
 呆れ顔で入ってきたのは松永部長。
「ったく、しょうもないことやってんな」
 工藤課長は苦々しげに。
 そして、クスっと笑ってこちらを見た人物は、涼しげな表情で。
 
――これが瀬尾係長か。
ニクソン ゴールド 時計
 
 印象的な二重の目が興味深そうな色を浮かべている。すっきりと通った鼻梁の下には笑みを乗せた薄めの唇。自然な黒色の髪は、トップは長めだが耳周りと襟足が短く清潔感にあふれ、整った顔立ちに嫌味を与えない。 
 背筋がぴんと張った立ち姿は長身の身体を更に大きく見せていた。細身だが決して貧相ではなく、むしろ引き締まった体つきは野生の鹿を連想させる。
 まるで絵のモデルにでもなりそうな――というより、一枚の絵から抜けだしてきたかのような美しい人。 

 
 WEB事業部、本日王子様御降臨。 


ようやく相手役登場。これで次回から話が動き出します。

これまで分割していたものを一つにまとめました。
秋田弁については、誤りがありましたらご指摘いただけると助かります。
若者が話す言葉なので、コテコテの秋田弁よりは少し標準語に近い感じなのかな、というイメージで書いています。

*秋田の方からご指摘をいただいて、秋田弁の表記を多少改めました。第六話 係長の秘密

「王子様、もとい、瀬尾達也係長。二十七歳、東京生まれ。K大法学部出身、入社六年目。身長百八十二センチ体重六十九キロ。
 一年間の営業部勤務のあと、PR事業部に異動。化粧品、アパレル、家電等々の会社のPRを担当し、彼が指揮するチームは社長賞を二度獲得。入社四年目に主任に昇進。
 社内恋愛は一切しない主義。それでも『あわよくば』を狙う女性社員から果敢にアタックされるも全く相手にしない。『もったいない……』との声が男性陣から聞こえてきそうな、実際石津さんあたりから漏れ聞こえてきたような気がするが、本人は周囲のやっかみなどどこ吹く風である」
「お前、それは何なんだ」
「瀬尾係長のプロフィールですよ。石津さ
http://www.td9x.com
水卜麻美の勢力でお局派閥壊滅寸前
を次々とインソムニアに差し出した。だがある日執事は気が付いてしまう。インソムニアの欲求には際限がなく、そして自分に準備できる人間には限りがあることに。
 館に訪れる人間が少なくなってきた時、館の使用人が一人消えた。しばらくしてもう一人、また一人と。たまたま暇を申し出ていなくなった使用人に会いに行こうとしたが、彼は既に死んでいた。しかも、家族もろとも。全員が床の中で、まるでひどい夢でも見たような表情で硬直して死んでいたのだ。執事は気が付いた。インソムニアの行為は、まさに対象を選ばないのだと。coach 名古屋 こーち
 執事はインソムニアを殺してしまおうと考えた。そこで自分の知りうる限りの館の道を閉ざし、インソムニアを閉じ込めてしまおうと考えた。結局インソムニアは執事の知らない抜け道も用意していたのだが、結末はラファティ達が見たとおりである。
 そこまでブランディオは記憶を見て、一つの疑問を浮かべた。インソムニアの母親は、非常に真っ当な人間であった。その彼女がおかしくなったきっかけは、本当にインソムニアだけのせいなのか。愛情を注ごうとしていたランブレス夫妻があのように怯えた理由はなんだったのか。また。この執事がランブレスに仕えていたのは偶然か。
ブランディオには答えがわかっていた。

「仕掛けたのはお前やな、坊主?」
「ありゃ。気づかれてたか」

 おどけた調子で返事をしたのはドゥーム。彼は舌を悪戯っぽく出すと、マンイーターに命じてインソムニアを自分の方に引きずり寄せた。

「大したことはしてないよ。ちょーっと、母親の夢枕に立って色々吹き込んだり、変質者を見つけてランブレスの執事になるように仕向けたり、インソムニアの周りに悪霊を放って不気味な演出をしたり。その程度さ」
「十分すぎるわ。随分と悪趣味なやっちゃ」coach 新宿 ブランド 財布 人気
「でもこの子に資質があったのは本当なんだよ。だからボクはこの子を仲間に引き入れるためにあれこれやったのだし、眠らないってのはこの子の本質だよ。まあ虐待を愛情と勘違いさせたのは、ボクの功績だけどね。
 でも人間って面白いだろう? 幼いころからいたぶられていると、それを愛情と感じるんだって。柔軟というか、なんというか。愛って業が深いよね?」
「悪霊が愛を語るんやないぞ? ここで貴様みたいな小僧成敗してくれる!といいたいところやが、めんどいからここでお開きにしよか」
「あらら」

 ドゥームが少し身構えるところだったので、彼は間を外されてずっこけていた。ドゥームとしても多少からかって終わるつもりだったのだが、どうにもこのブランディオという男は傍から見ていてもやりにくい。
 ドゥームは少しこの男に興味を持った。


「どうやらただの巡礼の僧侶、ってわけじゃなさそうだね?」
「いや、ただの僧侶や。順番はそれなりやけどな。最高教主や、ミランダさんほど特別やあらへんよ」
「そうかい? ボクには君は非常に特殊に見えるけどね。その気になったら、今回の討伐くらい一人でなんとかなったんじゃないの?」
「アホいいな、無理に決まっとるやないか。それより聞きたいんやけどな、その悪霊どないするつもりや? こっちとしてはとどめを刺したいんやけど」
「と、言われてホイホイと渡すと思う?」
「思わへん。だから取引や」
「ふぅん。内容をいいなよ。それ次第で考えてもいい」

 ブランディオはおかしな気分になった。ブランディオの言葉は半ば冗談だったのである。どれほど
http://www.240bc.com
日本だけじゃない"パリマンガ"とは
 エクラがやや興奮気味にその依頼の事をアルフィリースに告げる。アルフィリース達はスラスムンドより帰還後、新しい依頼の報告をエクラから受けていた。どれもそこそこ程度の内容だったが、中には彼女達を娼婦扱いしかしていないような失礼千万な依頼もあり、それらはリサの『報復リスト』なる不吉な呼び名の頭脳の一画に分離整頓されるのだった。その引き出しが開けられる時、さぞかし多くの悲鳴が聞かれることだろう。ジャージ フレッドペリー
 だがスラスムンドより帰還して間もなく、アルフィリース達には大口の依頼が一件舞い込んできた。それは何を隠そう、エクラの父である宰相ハウゼンによるものである。エクラの手にはその書状があるのだ。エクラはやや興奮気味にその書状を読み始める。

「いいですか、読みますよ? 『親愛なる娘、エクラよ。達者でやっているだろうか。傭兵としての生活はまた貴族の時とは随分と違うものになるだろうが、お前ならやっていけていると思う。心配事は尽きぬ野だが、余計な心配は母親に任せておくとして私は一つ要件をお前に頼もうと思う。
 実はまだ国民には公いになっていないが、ここ一年近く国内では魔物魔獣による被害件数が三倍近い。原因追究には務めているが、それ以上に現場での対応が必要だ。ダレイドル侯爵は知っているな? 我らがミューゼ殿下のいとこに当たる方だが、どうにも放蕩でな。今までは平和であったから何事も起きなかったが、ここにおいて魔物討伐のために出陣されることになった。軍内でもそれなりに立場は上だし、あまりに人出が足らなさ過ぎてな。出陣願わないわけにはいかなかったのだ。
 だが案の定問題が起きた。かの侯爵は連戦連敗。死傷者は多数出ており、しかも成果はないに等しい。おまけに魔物を追うのに集中するあまり、国境侵犯してしまったのだ。そのせいでダレイドル侯爵は魔物のみならず、国家間の戦争の火種になるやもしれぬのだ。だがかの侯爵は誇り高く、周りの者の諫言を聞き入れぬ。唯一殿下だけの言葉は聞くのだが、それも今回は効き目が薄い。ようやく援軍を送ることだけを承知させたのだが、誰も嫌がる状況でな。それでついアルフィリース達の事を話したのだが、殿下が大層気に入られてな。ぜひとも援軍に同行させてほしいと申しこんできたのだ。
 ミューゼ殿下直接の依頼とも言えるが、お前達の返答を聞かせてほしい。一度べグラードまで足を運んではもらえないだろうか。依頼を受けるにせよ受けないにせよ、殿下はアルフィリース殿に会ってみたいそうだ。何一つ損はないのではないかと思われるが、検討してみてほしい。
では良い返事を期待している。

追伸 こちらに帰ってきたら母親の前に顔を出してほしい、随分と寂しがっている。愛しの娘に水の幸あれ  ハウゼン』」
フレッドペリー バッグ
 そこには簡潔ながら確かに愛する娘に向けた手紙があった。だがそれ以上に、今度はミューゼ殿下直接の依頼だという。一刻の主の依頼ともなると事実最上級の依頼だが、興奮するエクラとは対照的にアルフィリースは思いの他慎重だった。

「エクラ、興奮するのは早いわ。まずその依頼の下調べが重要になるわ」
「ええ? 何を言うのですか、アルフィリース。ミューゼ殿下ですよ? あの中原一高貴で、あの人がいらっしゃらないと現在の社交会ないとまで言われたお方ですよ? 一体何を調べると言うのです」
「エクラって普段冷静だけど、時に何も見えなくなるわねぇどこの誰が頼んでこようと同じよ。私は自分が納得するだけの下調べをしないと気が済まない。まして戦争の可能性があるようではね。
 これから下調べを開始するわ。現在魔獣討伐にそのダレイド


http://www.bcaazb.com